カテゴリー別アーカイブ: 太陽光発電メーカー

京セラ

京セラは、日本で初めて住宅用太陽光発電システムを発売しました。太陽電池の原料となるシリコン粒子の鋳造から製品化までの全工程を自社で行う一貫生産で培った総合的な製品知識と、たゆまぬ研究開発により、世界に認められる製品品質を実現しています。

京セラの長期信頼性を重視していることへの評価は、たとえば同社のモジュールが、業界で初めて長期連続試験認証を獲得していることでもわかります。この試験は、世界有数の第三者認証機関であるテュフ・ラインランド(本社ドイツ)が、性能品質テストとして実施するもので、1枚のモジュールに対し、高温高湿耐性、結露・凍結など4項目がチェックされます。

また、千葉県佐倉市にある京セラソーラーエネルギーセンターでは、記年前からモジュールの経年変化を調査し続けており、配年経過時点での出力低下は僅か9.昭%という謹里〈的な性能を持続しています。

現在、既築・屋根置型として「サムライ聖と「エコノルーッ理「エコノルーッアドバンス、」の3シリーズの多結晶シリコン型太陽電池をラインナップしています。高性能の商品を用意する同社のもう一つの魅力は、複雑な形状の屋根にも美観を損なうことなく設置できることでしょう。

「サムライ」は、長さの異なる3種類の太陽電池を組み合わせ、屋根のスペースを有効に活用します。「エコノルーッアドバンス、」は、サイズ・形状の異なる4つのモジュールを組み合わせて、複雑な屋根形状であっても多く発電できるように、屋根データを基に設計されています。このようなところにも京セラの商品力の強さがうかがえます。