太陽電池の性能

太陽電池の基礎的な評価は、電流1余宅圧測定かいます。この測定からは、太陽電池の最も重要な特ある変換効率が求められ、太陽電池の良し悪しは流が本的にこの変換効率で判断されます。
1余宅圧測定は太陽電池の表面と裏面の電極圧源を入れた回路をつなげて行います。この回路は、測定のための電圧計と電流計が設置されています。実際の測定では、太陽電池に擬似太陽光を当の時の電流値と電圧値を電圧源の電圧を変えなが計測します
擬似太陽光は、キセノンンプなどの光源で作った擬似的な太陽光のこと通常の太陽電池測定には、強さの擬似太陽使用されます。また、太陽電池特性は温度によって変わるため、測定は一般に標準条件で行われます。
太陽電池の電流や電圧特性は、通常は四角形に近い形を示します。特に電圧が0Vの時の電流は短絡電流と呼ばれ、太陽電池に電ていない時の電圧を開放電圧といいます。

太陽電池から取り出される電力は電流と電圧を掛ることで求められ、最適動作点で発生した電力がそ太陽電池の最大出力になります。太陽電池の変換効はこの最大出力を入射光強度で割った値で示してす。例えば、変換効率30%の太陽電池では、入光の50%が電力として取り出されます射

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です