太陽光発電の利点

海外メーカーの場合はカントリーリスクの問題もあります。
例えば、先に紹介した中国のサンテックは〃国策企業“であるため、もし今後の国の体制に変化があれば企業として存続しているかどうかはわかりません。
海外メーカーの製品を導入検討するのであれば、こうしたリスクも十分に考慮しておく必要があります。

とはいえ、とにかく早く元を取ることを優先するようなケースでは、海外メーカーの選択もいいでしょう。補償面での心配はあるものの、今後、国内メーカーの太陽電池よりもトータルで半額になるようであれば導入してもよいのではないか、というのが個人的な意見です。

国内メーカーの太陽電池でも現状では10年前後か十数年で元が取れる時代です。初期費用が半額で済むなら、5年や6年で元が取れてしまうことになります。これは太陽光発電の長所や短所ともとれます。

また、5〜6年経って償却のめどがついたとき、実際の発電量や機器の安定具合など諸々を検証してみて、その後のプランを考え直すこともできます。よければ使い続ければいいでしょうし、増設して発電量を増やすという判断もあるでしょう。逆にダ メならダメで利益が少し出たところで他のメーカーに買い換えるといった判断もあるかもしれません。

そのほか、米国のファーストソーラーという企業も太陽電池の生産量が多く、メーカーとしては有名です。単価も安いのですが、モジュールの原料に日本では規制の厳しいカドミウムを使っている点から国内の普及は難しい状況です。
日本製または海外製を選ぶにしろ、アフターケアの良し悪しや、10年後、15年後を最初から見すえたうえでプランを立てていくことが理想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です