建て替え、引っ越しの際は 設置環境を要チェック

太陽光発電の(太陽光発電とは?)家のリフォームで屋根の修理や塗り替えをするときは、太陽電池、架台、取り付け金具を外す必要がありますが、いったん外しても、再度設置することができます。その際、太陽電池、パワーコンディショナ、接続箱はそのまま利用できますが、配線関係の部材は新しくしましょう。
建て替える場合は、システムの能力を充分発揮できるよう、屋根の方角や角度、太陽電池の設置面積などを検討して設計しましょう

引っ越しの場合は、まず、個人所有の一軒家であることや、屋根材が設置に適していること、モジュールを載せる広さが確保でき、かつ太陽光発電に適した方角であることなどを確認します。
太陽光の反射がご近所の迷惑にならないとも限らないので、事前に話をしておくことも大切です。
また、同じ太陽電池を使用しても、周辺環境が変わると移転後の発電量も変化します。新たにデータを取り直しましょう。
移転先が同じ電力会社の管轄内であれば、それまでの契約が保持されますが、管轄外の場合は、新たな契約手続きを行う必要があります。

今後期待されるリユース、リサイワル

移転先で使えなくなった太陽電池は、産業廃棄物として処理することになりますが、ガラス、金属、シリコンなどは、リサイクルできるよう開発が進められています。
また、若干ではありますが、モジュールのリサイクル業者による中古品の売買も行われています。
ただし、一部に経年劣化がみられるという調査報告もあり、購入の際には注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です